コンテンツ変換について

変換後のコンテンツを一括でダウンロードすることはできますか?
できません。
エリクサー・ユニバーサルはアクセスした端末に応じてオンデマンドで変換処理を行います。バッチでの変換処理は想定していません。
PCからアクセスした場合も変換されますか?
変換されません。
PCからアクセスがあった場合、元コンテンツを無変換のまま送出します。
もし、対応していないモバイル端末からアクセスがあった場合、どのような挙動になりますか?
HTTPリクエストヘッダのUser-Agentから端末種別やキャリアが判断できた場合は、それらに応じたデフォルト端末 (比較的新しい機種を参考にしたモデル端末) として変換を行います。
エリクサーを導入することで、現在流通している全ての端末に対応すると考えてよいですか?
3G以上の携帯端末とスマートフォン(一部機種を除く)に対応しています。
詳細は対応端末一覧を御参照ください。
機種はどのような方法で判別していますか?
HTTPリクエストヘッダのUser-Agentの値を見て判断しています。
端末スペック通知機能では、どのような仕様が通知されますか?
画面サイズなどの端末ハードウェアに関する情報、ソフトウェアに関する詳細な仕様、キャリアが提供するサービスへの対応の情報など、1機種につき100項目以上の情報を通知します。モバイル向けサービスを提供する際に効率化が図れます。
詳細は変数名・端末スペック通知項目一覧をご参照ください。
コンテンツサーバに通知されるUser-Agentは、どのような値になりますか?
エリクサーにアクセスされた際のUser-Agentの内容をそのままコンテンツサーバに通知します。
オリジナル変換ルールとはどのような機能ですか?
XSLTを使って、タグのid、classやXPATHを指定してコンテンツを差し替える機能です。コンテンツの部分的な挿入や削除、位置変更、CSSの差し替えなどが可能です。
コンテンツによってエリクサー・ユニバーサルを経由しても変換しないように設定することは可能ですか?
画像を無変換に指定することは可能です。
記述例)
<img src="test.jpg?elx_nc=1" />
1ページ全体を無変換に指定することはできません。
出力切り替えの記述方法は?
<div if="条件式" output="yes">
条件式にマッチした場合に表示したい内容
</div>
<div if="条件式" output="no">
条件式にマッチした場合に表示したくない内容
</div>
条件式の書式など詳細はユーザーズ・マニュアルをご参考ください。
XSLT PI機能はどのように使えばいいでしょうか?
XSLT PI機能の使用方法は、ユーザーズ・マニュアルサンプルXSLTスタイルシートをご確認ください。
Content-Typeヘッダはどのように変換されますか?
アクセス端末がdocomo、smartphoneの場合に、Content-Typeヘッダを"application/xhtml+xml"に変換します。
JavaScriptが動作しないのですが、考えられる原因は?
下記の3つの原因が考えられます。
  • ・端末がJavaScriptに非対応のため、JavaScriptが削除されたため。
  • ・エリクサーでは、head要素内にJavaScriptを移動するため。
    [対処方法]
    head要素内でも動作するようにJavaScriptを修正してください。
  • ・JavaScript内で使用されているXHTMLの記述がwell-formedでないため。
    [対処方法]
    XHTMLの記述をwell-formedに修正してください。
スマートフォンの場合、変換時に削除されるCSSのプロパティを教えてください。
スマートフォンの場合、エリクサー・ユニバーサルは下記の場合にCSSのプロパティを削除します。
  • ・プロパティに「height,width,position,float,z-index,background-image」文字が含まれている
  • ・プロパティが「background」で、その値に「url」という文字列が含まれている
  • ・プロパティが「margin...」または「padding...」で、その値に「数字px」が含まれている
  • ・プロパティが「text-indent」で、その値が「-数字px」「-数字em」または「-数字ex」の場合
※「...」は任意の文字または文字列
フィーチャーフォンの場合、CSSはどのように変換されますか。
フィーチャーフォンの場合、エリクサー・ユニバーサルは下記の場合にCSSのプロパティを削除します。
  • ・プロパティに「height,width,position,float,z-index,background-image」文字が含まれている
  • ・プロパティが「background」で、その値に「url」という文字列が含まれている
  • ・プロパティが「margin...」または「padding...」で、その値に「数字px」が含まれている
  • ・プロパティが「text-indent」で、その値が「-数字px」「-数字em」または「-数字ex」の場合
  • ・プロパティに「-moz-...」または「-webkit-...」文字が含まれている
  • また、下記の通りにCSSを変更します。
  • ・プロパティに「marquee-...」文字が含まれている場合に、プロパティ「marquee-...」を「display」に、その値を「-wap-marquee」に変更。
  • ・タグhrのプロパティが「color」の場合、プロパティ「color」を「border-color」に変更(au以外)。
  • ・タグhrのプロパティが「border-color」の場合、プロパティ「border-color」を「color」に変更(auのみ)。
※「...」は任意の文字または文字列

このページの先頭に戻る